尽くされ上手な女子は幸せ!彼氏に尽くされる女子になるためのコツをまとめました

尽くされ上手な女子を見ると「いいなぁ…」と思う時もあるもの。

では尽くされる女子になるためには、どうしたら良いのでしょうか。

そのコツについて見ていきましょう! 

尽くされ女子の特徴

尽くされ女子には共通する特徴があるのです。

この特徴を知れば尽くされ女子に近づける可能性は高いでしょう。

 

自分を持っている女性

自分をしっかり持っている女性は、男性から見て魅力的な存在。

精神的に自立をしていると感じると「この女性を見習いたい」と思う気持ちにもなるでしょう。

自分をしっかり持っている女性は、多少の弱さを持っていても、ちゃんとした自立心があります。

そのため一緒にいても男性は安心感を得られるのです。

 

適度な依存関係を作れる女性

依存をしてくる女性が絶対に嫌われるわけではありません。

程度が問題なのです。

程度を超えている、度を超している…と思うような場合には、依存をされることに対して、男性は疲れてしまいます。

依存をされるのを嫌う男性もいますが、それは過度な依存を感じるから。

もしも少しの依存なら、男性としては頼られているようで嬉しく感じるでしょう。

依存をする時には適度にしておく必要があるのです。

 

私生活が充実している女性

私生活が充実している女性は、男性から見て素敵だなと思うもの。

例えば自分がいない時間でも、一人の時間を満喫できる女性は、器用さを感じながらもこれからも一緒に歩いていけると思える存在。

私生活が充実していない女性は心が安定していない場合も。

そのため男性としては自分にかかる負担に耐えられない…と感じる時もあるでしょう。

 

彼氏を安心させすぎない女性

彼氏としては「〇〇ちゃんは放っておいても大丈夫」と思うと、他の女性を見ようとしたりします。

でも安心出来る面もあれば安心できないと感じる面もあるような、ギャップに弱い場合も。

彼氏を安心させようと思い、強い女を演じすぎると彼氏としては、彼女に尽くすよりももっと他で尽くしたくなってしまうのです。

安心感を与えるのも時には必要ですが、それにより彼氏が目移りする場合もありますので、時には安心できないと思わせるような面も見せておいた方が良いですね。

このさじ加減が、実はとても大切。

これが上手く出来るかどうかにより、男性に尽くされる女性になるかどうかが決まって来るのです。

 

なんだか心配にさせる女性

強がりなだけで本当は淋しがり…というような女性は多いですよね。

でも強がりだけを見て男性は「〇〇ちゃんは強い女性だな」と思ってしまう場合もあるのです。

そのため、時には淋しがりな面も見せるようにしましょう。

例えばLINEなどでやりとりをしていて、ここでやりとりを相手が終ろうとした時に「もう少しだけ時間いい?」と引っ張るようにしてみましょう。

どうしたの?と聞かれたら、「実は淋しがりなの」と書けば、男性としては心配で放っておけないという気持ちが強くなることも。

なんだか心配にさせるテクニックを身に着ければ、尽くしたいと男性から思われる女性になるのは簡単と言えるでしょう。

 

彼氏に尽くされる女子になるためのコツ

彼氏に尽くされたい、でもそのためには何をしたらいいの?と思う女性も。

でも彼氏に尽くされるためには少しのコツを知っていて、実践すればいいだけなのです。

あまり難しく考えずに、尽くされる女性になるためのコツを知ってみましょう。

 

褒め上手になる

男性は自分に自信が持てないけれど、自信のあるフリをしていることもあります。

そのため女性が褒めてくれれば、自信につながりとても嬉しくなるのです。

自信を与えてくれた女性に対して、尽くしたいと思う気持ちになるでしょう。

褒め上手の女性は自然に男性にモテます。

なんでもいいから褒めればいいというわけではなくて、この人はこれを褒められると喜びそう…と理解をするのが大切。

例えば筋トレを頑張っている男性だと知っているのなら「腕ががっちりしてきてカッコいい!」と褒めるようにしてみましょう。

 

仕事を頑張っている男性には「仕事に真剣に取り組んでいる姿が、とても素敵」と褒めるようにすれば、もっと仕事を頑張ろう!と男性が思うでしょう。

自分を高めようと思わせてくれる女性に対して男性は、感謝の気持ちを持ち「この女性を離したくない!」と思うのです。

そのため尽くしてくれる場合が多いでしょう。

 

嫌なことは主張する

なんでも男性の言いなりになると、都合のいい女になる可能性も。

でも嫌だなと思うことについては、しっかり主張をする時も必要です。

こういう女性に対して男性は、凛とした強さを感じます。

男性は、その主張に対して聞く耳を持ってくれるでしょう。

なんでも嫌だと主張をしていては「またか…」と思われてしまいますが、これは譲れないと思うことに対しての主張は、男性にとって「なるほど!」と思うものなのです。

男性は、女性がはっきり言わないと分からない場合もあります。

嫌だと感じた時にはきちんと主張を出来る女性を目指しましょう。こういう女性の思いを、包んであげたいと男性としては思うもの。

 

お願いごとをする

頼み事をすると甘えているようで出来ない…と思う女性は多いでしょう。

でも男性としては時には頼られたいものです。時には気になる男性に対してお願いごとをしてみましょう。

あまり無茶なお願いごとをしては、相手を困らせてしまいますが、相手が「よし!」と受け入れてくれるようなお願いごとなら、男性としては頼られているためやる気が出るのです。

「この女性は自分を必要としている」と感じるので、嬉しい気持ちにもなるでしょう。

必要としてくれていると感じると、男性はそれが自信につながるのです。

自信を与えてくれた女性には尽くしたくなるのが男性心理です。

 

まとめ

尽くされるためには以上のようなコツがあります。

難しく考え過ぎずに、相手を頼る時や自分をアピールする時など、ケースバイケースで行動をしてみると良いですね。

尽くされたいと思うあまりに行動がわざとらしくならないことも大切です。

男性が尽くしてくれたと思った時には、素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

「ありがとう」の言葉が欲しくて尽くしたいと思う男性の思いもあります。

丁寧にお礼を言える女性も、男性から見て、尽くしたい女性なのです。