居てくれるだけでいい!?「癒され奥さん」に必要な6つの条件

癒され奥さんになるには条件があります。

でもそんなに難しいものではないので、これを読んで、少し意識を変えるだけで癒され奥さんになれる可能性あり。

男性が求める「癒され奥さん」になるための条件について、詳しくお伝えしていきますね。

癒され奥さんとは

男性は普段から仕事で疲れているため、家に帰ってホッとしたい思いがあるのです。

家が居心地の良い場所だからこそ、外で頑張って働ける!と思う男性も。

癒され奥さんとは、男性から見て理想の奥さん像。

こういう奥さんだったらいいなぁと夢みている男性はたくさんいます。

 

癒され奥さんは世の中にたくさんいますが、旦那さんとの仲もとても良いですよね。

つまり癒され奥さんになれると、仲良し夫婦になるのが可能に。

では癒され奥さんになるための条件とはどのようなもの?

 

癒され奥さんの条件①:気遣いができる

説明をちゃんとしなくても、サッと気が付いて行動が出来たり、気遣いが出来たりする女性はとても魅力的。

気遣いや配慮は元から出来るタイプの女性もいますが、これから意識してくことで、出来るようになる場合もあります。

旦那さんのために気遣いが出来れば、穏やかな気持ちで家で過ごせるようになるため、早く帰って来てくれたり、休みの日も友達と出かけたりしないで、奥さんと一緒に過ごそうとするでしょう。

奥さんと家で過ごす時間が、旦那さんにとって一番幸せだと感じるから。

こう感じさせられるように奥さんは、気遣いをしっかり行うようにしたいですね。

 

癒され奥さんの条件②:料理上手である

婚活の時からポイントが高いのは、料理上手な女性ですよね。

でも最近では料理を全然していない女性も。この機会にクッキングスクールに通ってみるのも良いかもしれません。

癒され奥さんの場合は、元々料理が得意な場合でも更に料理の腕をあげたくて、クッキングスクールに通ったりするのです。

 

愛する旦那さんに美味しい料理を作ってあげたい!という思い、自分の料理の腕を磨きたい思いから通うのでしょう。

この姿を見て旦那さんは、かなり感動します。そしてこの女性が奥さんで本当に良かった…と思うでしょう。

 

癒され奥さんの条件③:話を引き出してくれる

疲れて帰ってきているのに、奥さんの愚痴を聞かされてばかりいると、旦那さんは段々家に帰るのが嫌になるもの。

でも仕事で嫌なことがあっても、家では言わない男性は多いのです。

なぜ言わないかというと、男のプライドがあったりどのような表現をしたら良いのか分からなかったり。

 

でも癒され奥さんは話をうまく引き出してくれるので、仕事で嫌なことがあったり、悩んでいたりしても話しやすいのです。

もちろん仕事以外で悩みごとがあっても、奥さんに相談しよう!と旦那さんは思うでしょう。

これが理想的な夫婦のかたちですよね。

家では聞いてもらえない…と思い、外で話を聞いてくれる女性を探して愛人を作って浮気をするような男性は多いもの。

でも癒され奥さんならその心配はないのです。

奥さん以上に旦那さんにとって、心を理解してくれる相手がいないため。

そういう奥さんを目指すことにより、自然に癒され奥さんの条件をクリアしている場合も多いでしょう。

 

癒され奥さんの条件④:辛いときにボディタッチをしてくれる

女性からのボディタッチを求めていても、なかなかしてくれない場合が多いですよね。

これは夫婦になっても同じなのです。

でも辛い時に奥さんが肩を軽くポンとたたいて「元気出して!」と言ってくれると男性は、とても嬉しい気持ちに。

 

奥さんからハグをしてくれるような場合もあるでしょう。

椅子に座っている旦那さんの後ろからギュっと抱きしめて「いつでも味方だよ」と言ってあげると、旦那さんは、涙が出そうになるかもしれません。

旦那さんしてくれることばかりを望むのではなくて、奥さんとして何をしてあげられるのか、自分が出来ることについて色々と考えて実行出来る奥さんは、癒され奥さんになりやすいのです。

旦那さんとしても、愛情を与えられていると感じて、より奥さんを愛する気持ちになるでしょう。

「この女性なくして自分は生きられない!」というぐらいに奥さんにベタ惚れになる場合も。

 

癒され奥さんの条件⑤:心が強いこと

心の弱い面は誰にでもあります。

でもそういう中でも心が強い奥さんというのは、男性から見てとても頼れる存在。

奥さんの心の強さを感じると、つい甘えてしまいそうになる旦那さんもいるでしょう。

でも甘えたくなる以外に、自分も心が強くなるように頑張ろう!と今後のモチベーションアップにつながるのです。

つまりは奥さんに対して尊敬の気持ちを持っていますので、自分も奥さんから尊敬してもらえるような夫になろう!と旦那さんは思うはず。

 

でもいつも強がってばかりいるのも、旦那さんの出番がなくなってしまいます。

時には弱さを見せるようにしてみましょう。

こういう時には旦那さんが気持ちを強く持って守ってくれるでしょう。

支え合ったり、守り合ったりする夫婦になれるので、強さと弱さの両方の面がある奥さんで良いのです。

 

癒され奥さんの条件⑥:時には「自由」をくれること

時には一人の時間をくれるような奥さんも理想的ですね。

ゆっくりと休日に音楽を聴いて過ごしたいと思う旦那さんもいます。

でも「休日なんだからどこかに行こうよ」と毎回のように言われると、少し自由がほしい…と旦那さんは思ってしまいます。

でも自由な時間を少しでもくれると、「僕の気持ちをよく理解してくれているなぁ」と旦那さんとしては、嬉しく感じるものです。

 

窮屈な思いばかりさせてしまうと男性の心は外に向かうもの。

時には自由な時間をあげるように意識をしてみましょう。

まるでお母さんのように包み込む気持ちを、時には持ちたいですね。

 

癒され奥さんの条件を理解して目指してみよう!

癒され奥さんの条件は、居心地の良い存在を目指すことでもあるのです。

居心地の良い存在だなと思えば、男性は心が癒されるもの。

ときめくのは恋愛だけでいい、メインは癒されたいと望むような旦那さんは女性が思う以上に多いのです。

だからといって、女性としてキレイでいることは意識するようにしたいですね。

外見もキレイで可愛い奥さんだからこそ、男性は癒される気持ちが更に増すのです。