「ダブルバインド効果」とは?デートに誘うときに使ってみよう

ダブルバインド効果をうまく利用して、デートに誘うことが出来るのです。

デートに誘って断られたらどうしよう…と思っている人は、ぜひこのダブルバインド効果を使ってデートに誘い、OKをもらう確率をアップしましょう!

ダブルバインド効果って何?

ダブルバインドとは同時に矛盾する二つのメッセージを相手に与えて、メッセージを受け取った人が矛盾を指摘できないまま、応答をしなければいけない状況です。

つまりはダブルバインド効果とは、その効果を使ってビジネスや恋愛に役立てられるものと言えるでしょう。

相手に早くこちらの要求を理解してほしい時、うまく要求をのませる時にも有効的。

心理学のテクニックですので、知っておくことで、ビジネスだけではなく恋愛にも役立てられるようになるのです。

 

ダブルバインド効果の例について

ダブルバインド効果には、どのような実例があるのでしょうか。

実例を読んでいただけば、よりダブルバインド効果について、理解がしやすくなるはずです。

 

ビジネスでの使用例

営業としてはAとBの新しい機能がついた商品を売りたいので「AかBの機能のどちらが必要ですか?」とクライアントに聞きます。

こう言えば、AかBしか選択肢が無いようにクライアントは思うでしょう。

そして「Aです」か「Bだね」という答えを出すのです。つまりは、AかBの選択肢以外が無いように思わせるテクニックです。

 

本当はAやB以外のものや、AもBも要らないとも言えるのです。

でもクライアントは、最初にこちらがこう聞けば、AかBしか選ばないことがほとんど。

この返事のおかげで「Aの機能だけではなくBの機能も付いたお得な商品があります!」と切り込めるのです。

 

こう言われてしまっては、クライアントは買わざるを得なくなるでしょう。

でも買わざるを得なくなったとしても、損をした気持ちよりも得をしたのかな?と自分で思ってしまう場合も。

結果として双方にプラスになるので、ダブルバインド効果はビジネスに十分使える手法なのです。

 

早速、実践してみよう!

でもビジネスには使えても、恋愛に本当に使えるの?と不安になる女性も。

ところが本当に恋愛にも使うことが出来るのです。

実践をしてみると、ダブルバインド効果のすごさに驚くでしょう。

 

デートに誘う時には

気になる男性をデートに誘う時、普通に誘っても断られそう…と不安な気持ちを持つ場合も。

ではどのような流れでダブルバインド効果が使えるのかお伝えしていきますね。

 

ダブルバインド効果①:選択肢を作る

「今度の土曜か日曜にデートしませんか」と選択肢を作って誘うようにします。

これにより相手の気持ちは、行くか行かないかではなく、土曜日か日曜日を選ぶようになるでしょう。

 

つまりは相手の選択肢の中に「デートを断る」意識が生まれないのです。

デートを断るのではなくて、土曜日か日曜日を選ばせるように最初から準備をしておきましょう。

 

ダブルバインド効果②:選択肢の内容について

例えば相手が土曜日も日曜日も忙しい場合は、ダブルバインド効果が使えずに断られてしまう可能性も。

こういう時には、食べ物の選択肢を作っておくようにしましょう。

出来れば相手の食べ物の好みを事前にリサーチしておくと良いですね。

「イタリアンかフレンチを食べに行かない?」と言えば、どちらも好きな男性としては、どっちもいいなぁと思うわけです。

選択肢の内容により、デートに誘った時の成功率がアップしますので、選択肢の内容を決める前に、相手の情報をリサーチしておくことをお勧めします。

 

合コンではこう使おう

合コンで仲良くなるためには二次会が大きく関係してきますよね。

合コンの時には二次会にて、ダブルバインド効果を使うようにしてみましょう。

 

ダブルバインド効果①:二次会に誘う時

二次会に誘う時に「二次会はAとBの居酒屋、どっちに行く?」と男性に聞いてみましょう。

AとBは違う居酒屋です。この場合、AかBしか選択肢が無いように男性は感じるでしょう。

そのため「そうだなぁAかな」と言うようにして、自然にどちらかを選ぶようになるのです。

ここで「二次会に行く?」と聞いてしまうと「行かない」と言われてしまう可能性が出てしまうので気をつけて。

 

ダブルバインド効果②:好きなお酒を聞いておくと便利

相手が普段どういうお店を好んで行っているのか、好きなお酒の種類は何かについて知っていれば、居酒屋ではなくても他のお店を誘うのも可能に。

居酒屋と決めつける必要はないのです。

ただ、必要なのは具体的な店名を言うこと。

それにより、どちらかのお店しかない意識を相手に持たせましょう。

無理やり誘うわけではないので、相手も無理やり誘われたとは思わずに、気軽に二次会のお店に行けるのです。

 

その他相手にノーと言わせたくない時の例

相手にどちらかをすぐに選ばせるのではなく、じわじわと攻めていく方法もあります。

例えば「アウトドア派?インドア派?」と聞きます。

相手が「アウトドア派かな」と言ったら「じゃあ海と山どっちが好き?」と聞きます。

 

相手が「山がいいな」と言ったら「AかBのどっちに行く?」と山の名前を言うようにしましょう。

相手は「Aに行こう!」か「Bに行きたい!」と言う可能性が高いのです。

すぐに選択肢をぶつけるよりも、この方が相手にノーと言わせたくない時に使える方法になるでしょう。

 

ダブルバインド効果で恋を上手く進展させよう

男性は基本的に単純な場合が多いため、このダブルバインド効果を女性がうまく使えば、気になる男性と更に仲良くなれる確率がかなり高いのです。

デートに誘いたいけれど断られるのが怖くて誘えない…と思いそのままでいたら、いつのまにか相手に彼女ができちゃった…というケースも。

そうならないように、早い段階でダブルバインド効果を実践してみましょう。

 

こんなに簡単に誘えるものなんだ!とこの効果に驚く時もあるはず。

友達が恋愛で悩んでいたら「ダブルバインド効果っていうのがあってね…」と教えてあげるのも良いですね。

自分が一度でもこの効果を感じられたのなら、自信を持って友達にも勧めることが出来るでしょう。この効果を使えば、恋愛を上手く進展させていけるはず!