「ザイオンス効果」とは?恋愛は会う回数が勝負!

会う回数により、恋愛がうまくいきやすくなるパターンもあります。

これにはザイオンス効果が関係している場合も。ではその効果を使い恋愛を成就させるためには? 

ザイオンス効果って何?

ザイオンス効果とは、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスによって発表された効果です。

内容としては、人は、コミュニケーションの回数や頻度が多いほど親密になるというもの。

結果として好意を持つことになります。

そう考えると、相手とのやりとりの頻度を増やしたり、会う回数を増やしたりした方が仲良くなれる可能性が高くなる場合も。

つまりはコミュニケーションをとるたびに、脳や潜在意識に存在が記憶されるのです。

相手に対して「この人は安心出来る」という認識が生まれるので、結果として警戒心が少しずつなくなっていきます。

 

恋愛でザイオンス効果を使う方法

このザイオンス効果は、恋愛にも活用することが出来るのです。

そのため今気になる相手がいる女性は、ザイオンス効果をうまく使って相手ともっと親密になりましょう!

 

とにかく会う回数を増やす

何か理由をつけて、会う回数を増やすようにしましょう。

例えば本やCDなど借りておいて返す内容でも良いですね。

少しの時間でも良いので、好きな人と会う回数を増やすように意識しましょう。

相手にとって、顔を見ない日が無いと思うぐらいに回数を増やしてみると、いつの間にか相手の中にあなたの存在が大きくなっていくのです。

職場恋愛なら毎日会えるので自然に職場恋愛が出来る場合もあるかもしれません。

 

職場でも、二人で会う機会を作るようにしてみましょう。

資料を作成している相手を見て「私も手伝います!」と横に並ぶようにするのも効果的。

気が付けばいつも近くにいるなぁと思わせるようにしましょう。

職場恋愛ではない場合でも、相手と会うきっかけを作って会うようにするのが大切。

実際に家の近いカップルは結婚しやすいと言われています。

遠距離恋愛でもうまくいくためには、連絡が欠かせないもの。

これらもザイオンス効果から来ていると言えるでしょう。

 

次会うための理由を作る

デートをした相手に対して、しばらくは会えないな…と淋しく思うもの。

でもこういう時にも、次会うための理由を作るようにしましょう。

例えば相手が甘いものが好きなら「今度クッキー焼いてきますね」と笑顔で言ってみましょう。

 

手作りクッキーを作れるなんて素敵だなと男性としては思うでしょう。

会うきっかけになるような内容を、事前に考えておくのも大切です。

例えば「映画の試写会のチケットが手に入ったけれど、皆都合が悪くて…」と誘うようにしても良いですね。

会った時に伝えておけば、次の約束が出来ることになります。

相手がボウリングを得意だと言った場合には、「私も結構ボウリング好きなんです!一緒に行きませんか」と約束をしてみましょう。

相手にNOと言わせないように、うまく次の約束をするようにしたいですね。

 

ザイオンス効果を使ってはいけないパターン

ザイオンス効果を使えば恋愛がうまくいく!と思い込んでしまうと危険です。

相手の反応を見ながらザイオンス効果は使うようにしましょう。

ザイオンス効果を使ってはいけないのは、どういうパターンなのでしょうか。

 

不快にさせた時

相手とのLINEでのやりとりで、なんとなく相手がもう今日はこれで…と思っている時にも、しつこくLINEをしてしまう時も。

「また今度連絡するね」と相手が書いてきているのに、ザイオンス効果を使いたい…と思い「そういえばね」と次のやりとりをしてしまう場合もあるかもしれません。

でも相手からすれば「しつこいな…」と思ってしまうのです。

相手にとってしつこいと思わせるようなことをすると、せっかくザイオンス効果を活用したくても、逆効果になってしまうでしょう。

 

相手がここでやりとりをやめたいと思う気持ちを尊重する必要があります。

これを無視すると、相手は不快な思いをするでしょう。

自分勝手な女性だな…と思われてしまうのです。

こう思われないためにも、相手の様子を見ながらやりとりはしていくようにしましょう。

 

会った時に話し過ぎないこと

会って話すのはとても大切なですが、相手が話したいと思っている時にこちらからどんどん話してしまうと、相手としては自分のペースを乱された気持ちになります。

 

男性としても、自分のペースを大切にしたい思いがあるはず。

これを無視した行為をすると、男性としては「会っていてもうるさいだけだし…」と思い、引いてしまうのです。

もしもこう思われた可能性があるのなら、少し会うのを控えて時間を置いた方が良いかもしれません。

ほとぼりが冷めた頃に連絡をして会った時には、相手の話を楽しく聞くようにしましょう。

つまりは聞き上手を演じるわけです。

会話に重要なキャッチボールが出来ていないとなると、どうしても二人の関係がぎくしゃくしてしまうでしょう。

そしてもう一度会いたいと相手が思ってくれなくなってしまうのです。

 

こういう時に、無理に会う約束をしてザイオンス効果を活用しようとしても、逆効果になるでしょう。

相手は少し距離を保ちたいと思っているはず。

相手がこう思っているような時には、少し時間を置く心の余裕を持ちましょう。

相手の求めている女性像がどういうものなのかを、この機会に考えてみるのも必要なのです。

 

ザイオンス効果で恋を上手く進展させよう

ザイオンス効果により、会って間もない女性が急に男性をデートに誘うよりも「今まで何度もやりとりをしてきたから安心」と思われている女性からの方が、OKの確率が高くなります。

あまり相手について分からない…と思われている段階で、デートに誘うよりもやりとりを何度もしてから誘った方が、相手としても「もっと親しくなりたいな」と思ってくれやすいでしょう。

自分としては、このチャンスかな?と思うような時にデートに誘うようにしてみましょう。

相手がOKしてくれるかどうかは、これまでの相手とのやりとりの中でサインとして見えているはず。

短いメッセージをLINEで送ることを続けているだけで、相手の心に自分をうまく印象づけられる場合もありますので、長々とメッセージをするよりも効果的。

次は何を送ってくるのかな?と相手をワクワクさせることが出来れば、恋愛はとても良い方向に進展するでしょう。