pairs(ペアーズ)にサクラはいるのか?注意点や見分け方まとめ

マッチングサービスを使う人にとって、やはり気になるのがサクラの存在。真面目に恋をしたいと思っている人ほど、『騙されるのではないか』『怪しい人が多いのではないか』など不安に思う気持ちが強いはずです。
今回はそんな方の為に今人気にマッチングサービス【pairs(ペアーズ)】にサクラがいるかどうか検証していきたいと思います。

【サクラ】って何?

マッチングサービスでマッチングする相手がいなければ、誰もそのマッチングサービスを使おうとは思いませんよね?運営側にとって最初から何万人にという会員数がいれば何も問題はありませんが、そう最初から上手くはいきません。

その為、運営側がよく使う手段として、見せかけの会員数を増やすために偽の会員を用意する事です。外部にサクラを委託し本物の会員とやり取りさせます。本当に恋愛を目的としている人に対してとても卑劣な行為です。法律的にもサクラの使用は詐欺罪として罪に問われることになっていますが、数多くのマッチングサービス会社がサクラを使っているのが現実です。

pairs(ペアーズ)にサクラはいるの?

では実際pairsにサクラはいるのでしょうか?当初は分かりませんが、現在では、『pairsにサクラはいません!』と断言出来ます。
理由としては、先ほどもお伝えしたようにサクラの目的は【客寄せ】です。現在pairsにはすでに会員が700万人を越えています。ここまでの会員数を確保できたのであればサクラを用意する必要がありません。
最近では、広告にも力を入れ実際にpairsを使って交際したカップルや入籍したカップルをモデルにして街頭ポスターや動画配信を始めるなど、会社としても勢いがあります。そんな会社がわざわざサクラを使うとは思えません。

サクラはいないが業者がいる

『サクラがいないので【安心】して使えますよ!!』と断言したいところですが、残念ながら怪しい人がいないとは言い切れません。これだけ会員数が増えてくると必ずどこにでも現れるのが【業者】の存在です。

業者とは

サクラが内部スタッフだったのに対して、業者は外部の人間です。業者は会員を装って本当に恋人を探している人に近づき、言葉巧みにだまし、何かしら利益を得ようとする悪質な人たちです。

そんな人たちがいるなら『pairsは安全ではないのでは!?』『それなら他のマッチングアプリを使った方が良いのでは?』と聞こえてきそうですが、しつこいですが人が集まるところには必ずこのような輩が集まってきています。

しかし、回避する方法はあります。

業者には皆一律に特徴があるので、見分け方と対処法を知れば怖い事はありません。

業者の狙いは何か?

見分け方と対処法の前にまずは業者の目的を知っておきましょう。

彼らの目的は甘い誘い言葉を使って巧みに外部サイトや他アプリへの誘導や、個人情報を引き出して転売する事を目的としています。

あからさまに最初から個人情報を聞き出そうとする業者や、『稼げる方法があるよ』など恋愛からかけ離れた誘いをしてきます。

通常時であればおかしいと思う事も、恋愛感情が入ってくると人は盲目になってしまうものです。自分は騙されないと思っていても、マッチングアプリを使う事はリスクがある事も意識しておくべきです。

怪しいなと感じた場合は、一度冷静になる事をお勧めします。

見分け方

では実際に業者が良く使う、詐欺の手段をいくつかご紹介します。下記で思い当たる事があれば注意してください。

写真がモデル並み

InstagramやTwitterなどSNSを利用している方であればお分かりになると思いますが、不自然過ぎるほど綺麗な女性やめちゃくちゃカッコいい人いませんか?実際の会員にそんな人たちがいないとは言えませんが、何か様子がおかしいと感じた場合は、他の項目にも当てはまらないか確認してみて下さい。

あきらかにおかしな画像だと思った場合は、パソコンでpairsを開き、画像を右クリックし、画像検索してみて下さい。類似画像を検索してくれるので、モデルなどの写真を使っている場合はすぐに判別できます。

露出高め

これは女性側に多い事ですが、胸の谷間を強調した写真や、色っぽい写真を載せている人がいます。男はこういうのに弱いので釣られて見てしまいますが、ちょっと落ち着きましょう。

真剣に恋愛を考えている人がいきなりそのような写真を載せるでしょうか?普通の人だったらまずそんなことをしません。男の下心を利用して釣る為の手段だと考えられます。

画像が少ない

モデルのような写真が一枚だけ載せているアカウントも怪しいです。釣りの写真を載せておき、【いいね】をしてきた相手を狙って、連絡してきます。

年収が異様に高い

pairsは年収を公表できるシステムになっています。その中でとても若い年齢で1,000万以上稼いでいて、何の仕事をしているのか分からない人たちがいます。ちゃんと稼いでいる人は経歴や仕事などしっかりと記載していますので、“自由業 1000万以上“なんて書いている人は怪しいです。

プロフィール内容が雑

画像が少ない事と同様にプロフィール欄に全く情報がなく、『本当にやる気あるのか?』と思うアカウントが存在します。しかし写真だけはモデル級の人物が一枚載っていて、それにつられる人たちを狙っています。このようなアカウントも要注意です。

すぐにLINE交換をしようとする

これが一番怪しいです。アプリ内では業者が真に求める内容の話が出来ない為、すぐにアプリ外に連れていこうとします。
業者からすればLINEで個人的な話が出来る状態に持っていく事が出来れば、『こっちのもの』です。一度業者と繋がってしまうと営業メールが信じられないほど送られてきたり、突然金儲けの話などを持ちかけてきます。業者の常套文句としては、

『あなたとLINE交換出来たら退会する』

『アプリを通しての連絡は気づかないからLINEの方が良い』

と最初から積極的にLINEへの移行を促してきます。

もちろんノリが良く、LINE交換をすぐに出来る人もいる事も事実です。しかし、安心して今後の付き合いを進めていく為には、最初から『LINEでやりとりしようよ』などという言葉に騙されず、焦らずにやり取りを重ねてからLINEを交換する方が無難です。

金儲けの話を臭わせる

InstagramやTwitterなどを使っている人であれば一度は見た事があるのではないかと思います。写真に札束の画像や高級品を買い漁っている写真など【裕福観】をアピールしている人がいます。

『私はこの仕事で人生変わりました!』

『今日は数百万稼ぎました!』

『その方法を知りたい方は連絡してください』などのコメントを載せています。そういった悪質な人たちがpairs内にも存在し、LINEを聞き出し副業の話などを持ちかけてきます。

業者と分かったら

続いて業者を発見した場合の対処法をご紹介します。

それはとても簡単です。pairs内で業者と思われる人を見つけた場合、運営側に報告する事が出来ます。もし怪しいと思う人がいたら、自分で対処しようとせず、すぐに運営側に連絡するようにしてください。

連絡を取ってしまったら

例えやり取りをしてしまっても、紹介してきた商品やサービス、副業に手を出さなければ問題ありません。慌てずに落ち着いて対処してください。

まとめ

何度も繰り返しになりますが、人が集まるところには必ずこのような悪質な業者が集まってきます。マッチングサイトで良い人を見つける為には、やはり多くの人と知り合うことが大事です。その為、複数のマッチングサービスを併用をすることがお勧めです。
その中で会員数が700万人もいるpairsを辞めてしまうのは出会いのチャンスを狭めてしまう事になり、大変勿体ないです。

落ち着いて相手を見ていけば、怪しいか怪しくないかは割と容易に見分けられるようになります。例え引っかかってしまっても、落ち着いて対処すれば大事にもなりません。

pairsを通して良い人が見つかる事を陰ながら応援しています!