モテる女性のデートの断り方!良い関係を続けるための断り方まとめ

デートの断り方によって、相手との関係を悪くしたくない…そう思う女性は多いもの。

ではどのようなデートの断り方をすれば、相手とこれからも良い関係でいられるのでしょうか。

デートの断り方の原則

デートの断り方の原則を知っておけば、いざという時でも慌てずに済むはず。

ではその原則はどのようなもの?

 

誠実な対応をする

相手に対して誠実に対応をするようにしましょう。

デートに誘われても行けないのなら、こちらとしても謝る必要が出てきます。

相手に対して誠意を持った対応をするようにすれば、これからも相手と気まずくなく話せるはず。

 

素早さも重要

返事に時間をかけると、相手を期待させてしまうことに。

もしもデートを断るのなら、出来るだけ素早く断るようにしましょう。

相手が拍子抜けをしてしまうぐらいに迅速に断ると、相手が傷ついている時間が短縮されるかも。

返事を待たせれば待たせるほど、断られた後の傷が深いですから、それを理解して迅速な対応を心がけて。

 

回りくどくならない

相手に対して断る時には、単刀直入を意識しましょう。

回りくどい言い方の方が相手を傷つけないと思って話しているうちに、何が言いたいのか分からなくなってしまう場合も。

ここは相手に分かりやすいように、スパっと伝えた方が相手に対しての思いやりでもあるのです。

 

感謝を伝えることが重要

デートに誘われたことに対して当然と思わずに、相手に対して感謝の気持ちを伝えるのは、必要不可欠。では感謝の気持ちを言うと、相手はどういう気持ちになるのでしょうか。

 

誘ってみて良かったと思う

相手としては、断られたけれど感謝の気持ちを言ってくれたから…迷惑ではなかったのかなと思い、勇気を出して誘ってみて良かったと思えるのです。

ここで感謝の言葉が無いと、迷惑をかけてしまったと思い、相手の立場がなくなってしまう場合も。

 

優しい女性だなと思う

「ここで感謝の言葉を言ってくれるなんて、優しい女性だな」と男性は思うでしょう。

今後の期待感につながるかもしれませんが、ひとまずこれからの関係は悪くならないはず。

これからの関係を悪くしないためにも、感謝の気持ちはきちんと伝えましょう。

 

自信を失わないで済む

男性のプライドや自信を失わせないためにも、感謝の言葉は重要。

もしも自分がデートに誘って断られた時に、ただ謝られるだけよりも感謝の言葉を言ってくれたほうがいいと思うのであれば、尚更ここで感謝の言葉を言うようにしましょう。

相手の立場に立てるかどうかにより、これからの二人の関係性も変わって来ます。

 

デートを断る時のセリフでおすすめのもの

デートを断る時には、どういう言葉を言えば良いのでしょうか。

相手に納得してもらうためにも、デートを断る時に伝える言葉は知っておくと良いですね。

 

「予定が詰まっているので」

忙しいフリをするのは、とても良い方法。

予定をいちいち伝える義務はこちらには無いので、こう言われると相手はこれ以上言えなくなるでしょう。

そしてこの女性はモテると思い、今後は誘わないようにしようと考える男性もいるかもしれません。

 

「また今度機会があったら」

相手を嫌いではないのなら、こういう断り方でも良いでしょう。

絶対にデートをしたくない相手には使えない言葉ですが、いずれはデートをしてもいいかなと思う相手なら、こう言ってみても大丈夫。

でも相手から見ると、またって本当にあるの?と思い、断られた感はしっかりあるはず。

 

「彼氏に悪いので」

彼氏がいることをさりげなくアピールする言葉です。

彼氏がいるの?と以前に聞かれていない場合には、これを使うようにしましょう。

「好きな人がいるから」と言うよりも、ずっと説得力があります。

彼氏ってどんな人?と聞いてくるような男性もいるかもしれませんが、ここはうまくはぐらかしましょう。

 

何回も誘われる場合は?

デートを断っているのに、何度も誘ってくる男性もいます。

いつも同じ断り方では済まない場合も。

こういう場合には、どうしたらいいのでしょうか。

 

恋愛の相談を持ちかける

相手の男性に対して「男心って複雑よね」というように、恋愛や男性に対しての相談をしてみましょう。

これを言われると、距離を置かれるので男性はこれ以上踏み込めないのです。

彼氏とうまくいっていないと言ってしまうと、隙があると思われるので気を付けましょう。

うまく行っている中で「結婚についてもそろそろ考えないと」と、軽くあしらうようにすれば、もう誘われなくなるでしょう。

 

わざと裏表のある女性を演じる

普段は清楚な女性であるように見せておいて、目の前で電話が鳴ったら男口調のようにして話して、男性を引かせるようにしてみましょう。

「えっ、こんな女性だったの?」と相手に思わせるのも一つの作戦。

例えばLINEが来たフリをして「この人しつこくてウザい」と目の前で言うと男性は「自分もそう思われる」と思い、怖くなりこれ以上誘わなくなるはず。

でも嫌われるとまずいので、「なんてね」と笑顔で言うようにしてみましょう。女って怖い…と男性に思わせるのもテクニック。

 

冗談ばっかり!と言ってみる

何度誘ってきても、冗談ばっかり!と笑うようにしてみましょう。

「またまた〇〇さんたらー」と言えば、男性としてもこれ以上誘うのが馬鹿らしくなってきてしまいます。

何度誘ってもこう言われては、もう手段がないですよね。

冗談だと言うのは、つまりはデートなんてしない関係でいましょうという女性からのサイン。

これを理解できる男性も、中にはいるかもしれません。

 

嫌われる勇気も必要

デートの断り方で重要なのは、嫌われるのを恐れないこと。

わざと嫌われようと頑張る必要はありませんが、嫌われたくない!と思うと、どうしても返事が曖昧になるのです。では嫌われる勇気を持つためには。

 

決定的な言い方も時には必要

決定的な言い方をすると、相手はショックを受けるでしょう。

でも例えば何度誘いを断っても理解してくれない場合には、やむを得ない場合もあるのです。

「〇〇さんとはデートする仲ではないので」と言えば、決定打なので男性としては引くしかないでしょう。

こんなに冷たい言い方をしなくても…と思うかもしれませんが、相手がしつこい場合はこれでもいいのです。

 

自分を守るのも大切

女性としては、男性の押しの強さに負けてしまわないようにしましょう。

男性は押しを強くすれば、自分の願いが叶うと思う場合があるのです。

特に相手が肉食系男子の場合はそう考えるでしょう。

でもここで負けずに自分の思いをしっかり伝える心の強さが必要。

 

デートの断り方は相手を見て決めると◎

デートの断り方はいつも同じではなくて、相手の性格や態度によって替えてみるとうまくいきやすいもの。

この人にはこの言い方でいこうと思い言うようにすれば、スムーズに断れる場合も。

いつも同じ言い方でと思わずに、バリエーションを持っておくと、デートの断り方がうまくいきやすいのです。

21 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。